第四話「エマの脱走」の感想・レビュー

機動戦士Zガンダム 第四話「エマの脱走」

第四話「エマの脱走」はバスク大佐(ティターンズ)のやり方に疑問を抱いたエマさんが脱走するお話。

カミーユ

ジェリドのハイザックとの接近戦...最初からビームサーベル使えばいいのに...。「他に武器は、武器はないのか...」って...。

やっぱりカミーユは感情をコントロールできない人みたい。怒りに任せて行動する事が多い気がします。「目の前で親を殺されたんだぞ」...って、元はと言えば自分がティターンズのモビルスーツを強奪してエゥーゴに協力したからで...。ティターンズが卑劣なのを多分知っていただろうし、両親がティターンズの関係者なんだから...少しは考えて行動しないと...。この先、自分の軽率な行動で自分の首を絞めるような事が無いといいと思うけど...。

カミーユはマルガリータの名前を口にしてお父さんに殴られていました。カミーユって殴られる事が多いような気がします...。

エマ

エマさんは健全な人みたい。カミーユも言ってたけど姫もいい人だと思います。ジェリドやバスク大佐たちに爪の垢を飲ませたいくらいです。

最後は、カミーユのお父さんとティターンズに引き渡されたカミーユとを連れてティターンズを脱走。三機のガンダムMk-IIをお土産にアーガマへと逃れました...。これってエゥーゴ入りって事だよね。

クワトロ大尉

クワトロ大尉のフルネームはクワトロ・バジーナと言うようです。

フランクリン・ビダン大尉

カミーユのお父さんはガンダムMk-IIの開発者みたいです。アムロのお父さんが連邦軍でガンダムの開発に関わっていたのと似ています。

マルガリータと言う愛人がいるみたいです。

ガンダムMk-II

エマ、カミーユ、フランクリン・ビダンが三機のガンダムMk-IIでエゥーゴから脱走したあと、コックピットにパイロットがいてガンダムMk-IIが直ぐ目の前にいるシーンがあったけど...、オレンジ色のノーマルスーツの人って誰だろう?あとガンダムMk-IIのモニターの前に赤いノーマルスーツの人が写っていたような気がしたけど...誰だろう?

ビームライフル

音が格好悪いよ~。ビヨ~ン、ビヨ~ン...って。

ジェリド

ジェリドにもシャワシャワが...。これってニュータイプの効果音じゃないの?

やっぱり「マークトゥ」のジェリド。

ジェリド...汚名挽回...って汚名は返上しないと...挽回してどうするんだろう?そのあとを聞きたかったです。

バスク大佐

バスク大佐...ジェリドに「汚名挽回...その言葉は実績を見せた者が言う言葉だ」って言ってたけど...姫には意味不明な事を言っているようにしか聞こえませんでした。実績を見せた者は汚名を挽回できるの?変なの...。姫は実績を積んだあとでも汚名なんか挽回したくないです...。

次回予告

次回予告で「シャア」の名前が出ていました...。シャアならシャアでもいいからもう少し「クワトロ」さんで通して欲しかったです。

エンディング

ブライトさんの名前があったけど...出てなかったような気がする...。

TOPへ